« April 2009 | Main | June 2009 »

鳥人間コンテスト

「鳥人間コンテスト」が、テレビ局の予算の都合で今年は中止。
来年は実施予定らしいが、とにかく今年の中止は決定らしい。

コンテストが中止になっても、機体を作って飛ばしたい人たちはいる。そういう方々にとっては、コンテストが中止になったからという理由で、自分たちが飛ばないということにはならない。学生さんの場合は、今年でなければできない、という方々もいらっしゃる。

「なんとか飛ばせてやりたい」という親心と熱意にあふれた先生たちがたずねてこられた。テレビ番組になっていなくても、衛星やロケットを飛ばしているように見えるNPOであるUNISECから、何かヒントを得られるのではないかと思われたらしい。

「作って、飛ばして、動かす」ことをやらなければ、工学教育として完遂しないのは、この世界でも同様。作っただけでは、それがちゃんと機能するかどうかはわからない。

ほとんどの大学では、これは学生さんたちのサークルのようなところでやっていて、お金も彼らやOBが工面するケースが多いのだそうだが、嬉々としてやっているというところがいい。

今年は、もしやるとすると、場作りも自分たちでやらないといけない。
何十キロメートルも飛ばすには、それなりの場所が必要で、たとえば海だったら、その期間はそこを通る船や漁師さんに迷惑がかからないようにしないといけない。鳥人間が着水した後、船で迎えにいかないといけないので、その船やダイバーの手配も必要だ。

テレビ局という大資本がバックにあってやっているときは、そういったことはテレビ局がやってくれていた。そのバックがなくなったら、やめるしかないのか。あるいは、自分たちでできるのだろうか。

機体は着々と完成に向かっているそうだ。
学生さんたちも、やる気満々なのだそうだ。

「今」しかできないことは、確かに世の中にはある。
チャンスは、いつも、まわりにあって、それをチャンスと認識できるかどうかで、未来がかわってくる。
ピンチはチャンス。これを機会に、バラエティ番組としての「鳥人間」から、工学教育としての「鳥人間」を目指すのも悪くないのではないだろうか。

どこで飛ばせるのか、それには何が必要なのか、どんな手があるのかわからないけれど、何とか、今年も「鳥人間」たちが元気に空を舞えるように祈りたい。


| | Comments (2)

さあ、才能に目覚めよう

自分の殻がコロンととれるような本があった。たまたま殻がとれる時期(つまりは、古い自我と思っていたものが破壊される時期)だったのかもしれない。

「さあ、才能に目覚めよう」
(マーカス・バッキンガム、ドナルド・クリフトン著、日本経済新聞社)という本で、この本を購入すると、ネットで「強み分析」(35分間で200問くらいに答える)へのアクセス権をもらえる。
(本を買わないと、できないようになっているようで、なかなか賢い販売戦略)

この本で何がよいかというと、
「弱みを克服することでは最高のパフォーマンスはできない」
「強みを生かせば、最高のパフォーマンスが楽にできる」
「人は変わらない」
ということを徹頭徹尾言い切っていること。

人は努力で変われるのだ、というのは幻想だということをここまではっきり言ってくれると、気持ちがよいし、実にさっぱりとする。

そして、「才能」は、「無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターン」なのだそうだ。

たとえば、自分より幼い子供たちと遊んであげるのが好きな人と、年長者といっしょにいるのが好きな人では、その「才能」が違っている。その才能が喜ぶような場所に身をおくべし、ということである。幼い子と遊んであげるのが才能なのに、気難しい人たちの顔色をみてばかりいないといけない職場にいたら、その人のパフォーマンスはあまりすぐれたものにはならないだろう。そして、とても大変な思いをして、時には病気になるかもしれない。

この分析をやってみて、いろいろと心が軽くなることもあり、発見することもあり、驚いたこともあった。
自分は、これまでどれほど「がんばって、無理して、努力して」、自分にはむいていないことを一生懸命やってきたのかということがわかるのは、ある種の癒しである。

自分に向いていることは、「苦労なくできる、やっていて楽しい、時間を忘れるくらい」なのだそうだ。

これからは、自分の才能を生かす方向で軽やかに生きていこう。
そして、他の人にもそうしてほしい。
そうすれば、「あー、自分の力が生かされている、発揮できている、嬉しい」と思って生きる幸せな人が増えていく。

自分が幸せで、まわりも幸せだったら、そんな素敵なことはない。

さあ、自分の本当の才能に目覚めよう!

| | Comments (3)

« April 2009 | Main | June 2009 »