« May 2009 | Main | July 2009 »

極上の鮎料理

Imgp6326
根津くらぶの「 富山県庄川の鮎を食す会」 に参加。
前回の「鴨料理」に味をしめ、今回も参加。当日申し込みでどうなるかと思ったが、滑り込みセーフ。
テーブルの真ん中にしつらえられた大きな鉢で泳いでいるのは、鮎ではなくて金魚。これは食用にあらず。

Imgp6346
前回、鴨を背負ってこられた富山の「清水亭」の松原隆一シェフ。
今回は「鮎300尾」をお持ちくださった由。
庄川という川は急流なので、こぶりで身がひきしまったおいしい鮎がとれるそうだ。

Imgp6330
お料理を運んでくださるのは、お花の柳澤先生。瞳生式いけばなの家元(創始者というべきか)。本日の花は明るい黄色。

Imgp6328
さて、一品目。
どじょうのから揚げには、山椒と塩がかかっている。違和感なくいただける。
それから、透明のスプーンにいれられてきたのは、鮎のお刺身。「背越」という料理法。薄く切ってあらいにしたもの。少し骨を感じるけれど、その骨もやわらかく、その感触は悪くない。じゅんさいが添えてあって、目にも涼やか。
しいたけときゅうりのごまあえも、やさしい味で、鮎をひきたてる。
それに枝豆がちょこんと添えられている。

Imgp6333
お造りは夏マグロと白海老の昆布じめ。
何のお魚かと思ったら、実は海老。美味。予想外のおいしさ。
マグロはもちろん、予想どおりにとてもおいしい。期待を裏切らない魚だ。

Imgp6335
そしていよいよ、鮎の塩焼き。
これ、これ、これを食べにきたのだと思いつつ、頭からかじる。
塩加減も絶妙。
そして、蓼酢(たです)がまたよく合うのである。
「たで食う虫も好き好き」ということわざで使われる「たで」であるが、千鳥酢とあわせて薄口しょうゆをほんの少したらした、という蓼酢になると、すばらしい味になる。

Imgp6338
それから、茄子と白だつ(芋の葉柄)の上品な煮物。
それにみょうがをさっと煮たものがのって、さらにさやえんどうが緑を添える。
鮎の味わいをより生かすような柔らかな味と歯ざわりが嬉しい。

Imgp6341
鮎はもう終わりかと思ったところに、揚げた鮎が出てきた。
これも、ナイスサプライズ。
もう少し食べたいと思っているところに出してくださる心遣い。
添えてあるさつまいもの揚げ物がまたいい味。

Imgp6343
締めは氷見うどんのぶっかけ。
冷たくて、つるつるとのど越しがよくて、なんともいえないおいしさ。

最後に白玉あずき。
残念ながら、写真を撮り忘れた。
上品な甘さの粒餡とつるつるの白玉。

Imgp6332
厨房での一枚。
イキのいい料理は、イキのいい人たちが作る。
緊張の中にも笑顔がある。
和やかな中にもピンと張った何かがある。

腕のいい料理人が真剣に作った料理をいただくのは、贅沢なこと、このうえない。
ひとつの料理に、どれほどの手がかけられているのか、料理教室を通してほんの少し知っているのでなお更だ。けれど、こういう贅沢は、もったいないとは思わない。

魂だって、ときどきは栄養補給が必要だろう。
いろんな栄養補給の方法があるけれど、おいしいものを食べさせて(自分の魂を)感動させてあげるのが、私は好き。

同好の士は多いとみえて、今回も満員御礼。

こんな鮎を育ててくださった富山の自然に感謝。
選んで運んでくださった富山のシェフに感謝。

魂が喜ぶと、自然に感謝の念が出てくる。
「自然に」というのがきっととても大事なこと。

ありがとうございました。


| | Comments (3)

歩く幸せ

アクセルスペースが柏に移転して数週間。
東京から柏に通うのはどんなものかと思っていたが、あにはからんや、実に快適。
(自費で通うとしたら、つくばエクスプレスが高いので、お財布的には快適ではないと思うが)

逆方向なので、まず間違いなく座れる。つくばエクスプレスはできたばかりなので、駅も新しいし、電車もきれい。そして、柏の葉キャンパス駅でおりてから、東葛テクノプラザまでの道がまた素敵なのだ。広々とした歩道は並木道になっていて、緑を楽しみながら歩ける。交通量もあまり多くないので、排気ガスもそれほど吸わなくてすむ。

バスもあるのだが、毎朝、毎夕、ここを歩くのが無上の楽しみになった。
朝、うぐいすの声を聞きながら、25分の道のりを歩く。着くころには、フレッシュな気分になっていて、心地よく仕事を始められる。そして、帰り、木々のにおいを楽しみながら、風にあたりながら歩くのも最高だ。

悩んでいるときは歩くのがいいとか、落ち込んでいるときは歩くのがいいというのを何かで読んだことがあるけれど、まさしくそのとおり。歩いているうちに、いろいろなことがクリアに見えてきたり、ふとよいアイディアが浮かんだりする。

歩くのは、まったくお金もかからず、設備もいらない。
自分のペースで、そのときの状況にあわせて、歩く。

歩く幸せ、歩ける幸せをかみしめつつ。


| | Comments (4)

« May 2009 | Main | July 2009 »